フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

頬のくぼみの美容整形のデメリットを知ろう

人間の顔には凹凸があり、欧米人ほどではありませんが、日本人にもそれなりにあります。顔のパーツの中でも頬は、凹凸をもたらすものであり、そこにくぼみができては、見た目は若く見えません。頬のくぼみの美容整形をすることで、頬には若さがよみがえります。頬のくぼみの美容整形は、上手に仕上がってこその成功であり、デメリットもあるので知っておきましょう。頬にくぼみがあるということは、それだけバランスのとれた凹凸はなくなります。しかし美容整形でふくよかにすれば、くぼみはなくなって、ふっくらした健康的な頬を取り戻すことになります。ただし、頬のくぼみを埋めようとするあまり、底上げする注入物を過剰に入れてしまったら、そこには盛り上がりすぎという失敗もでてきます。入れすぎてしまうのはドクターの技術の低さもありますが、本人が希望をして過剰な注入をしてしまうこともあります。見た目にはくぼみはなくなっても、全体的にきたらへんなだけです。
頬のくぼみの美容整形のデメリットを知ろう

安全とは言い切れない

顔の中でキュートな存在にもなるのが、頬というパーツです。頬のパーツにくぼみができると、キュートどころか年寄りに見えてしまうので、女性にとってはメリットはゼロです。しかし美容のための病院だったら、頬のくぼみの美容整形をして、キュートさのある頬をデザイン数ことができます。その方法は何パターンかがありますが、脂肪を入れる方法もあります。本人の脂肪をとって入れるので、アレルギー反応もないとは言われますが、頬のくぼみの美容整形にしてはデメリットもあります。脂肪注入で頬のくぼみをなくすにしても、脂肪は消えていくので数パーセントが残るのみです。だから多めに入れても、大部分は消えていきます。脂肪注入は安全な方法というには、少し語弊があります。頬に脂肪を入れるにしても、その脂肪は自分の体から脂肪吸引をします。脂肪吸引は外科的な手術であり、少しだけをとるにしても、麻酔は全身麻酔ですし、ダウンタイムは1ヶ月はかかるので、リスクが大きいです。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。