フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

頬のくぼみの美容整形のアフターケアの重要性とは

骨ばった骨格を持っている方にとって、見た目がごつごつとした印象になってしまうため頬がこけたように周りに見えてしまい、自信を無くしてしまっている女性や老けた印象になってしまうのではと悩まれている方も少なくありません。そんな状態を改善する方法として人気になっているのが、美容皮膚科クリニックや美容外科クリニックなどの医療機関で受けることが出来る頬のくぼみの美容整形です。
クリニックによって頬のくぼみの美容整形術の方法は様々だとされていますが、数多くの施術方法の中でも特に気軽に受けられる施術方法とされているのが、ヒアルロン酸注入による頬の形成術と自分の体内から取り除いた脂肪を注入する形成術だとされています。
特にヒアルロン酸注入は極細の針を利用してヒアルロン酸を注入するので、肌内部の血管を傷つける心配が全くなくダウンタイムに起こりやすい患部の腫れや内出血による変色などの症状を抑える効果があり、クリニックで行うアフターケアも必要ありません。
頬のくぼみの美容整形のアフターケアの重要性とは

半永久的な効果の脂肪注入

美容皮膚科や美容外科などの医療機関で受けることが出来る頬のくぼみの美容整形では、初心者の方でも気軽に利用する事が出来るヒアルロン酸注入がかなりポピュラーになっていますが、施術を行ってから時間が経過すると注入したヒアルロン酸は体内に吸収されてしまう特徴がありますので、美容効果は約6ヶ月~1年ほどで元の状態に戻ってしまう恐れがあります。
そのため定期的にクリニックで頬のくぼみの美容整形を受ける必要がありますが、何度もクリニックに行くのは面倒だと感じる場合には、半永久的な効果を期待することが出来る脂肪注入が人気が高いです。この脂肪注入とは自分の腹部やふとももから採取した脂肪を直接頬に注入しているので、自分の細胞を利用する事で副作用なども起こらずに綺麗な状態を手に入れることが出来ます。
ただヒアルロン酸注入に比べて施術にかかる時間が長いため、肌にかかる負担が増えてしまい腫れや内出血などのダウンタイムの症状が出やすいので、自宅でのアフターケアが必要となります。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。