フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

知らないと怖い、頬のこけの美容整形の失敗について

世の中の女性たちは小顔に強いあこがれを持っていますが、ダイエットをしても顔は痩せにくいものです。痩せたと思ったら、顔の頬がこけてしまって、やつれたような見た目になることもあります。小顔とやつれた顔では、若さが全く異なります。やつれてしまったら、化粧品をつけるだけでは、回復は夢のまた夢です。

しかし美容整形であったら、頬のこけの美容整形も、ふっくらとしてナチュラルな仕上がりを期待で好きます。意気揚々と美容クリニックで頬のこけの美容整形を受けたものの、失敗をしてますこともありますので、慎重に美容整形は決める必要があります。はっきりと頬のこけた状態を治療したいとなったら、思い切って肌を切って引き上げてしまう、リフトでの外科手術が確実性が高くなります。しかしリスクはほかの治療の中でも、群を抜いて高くなりますので、失敗をしたら頬のこけた状態は目立ちにくくなっても、顔全体が後ろや前へ不自然に引っ張られる状態になることも考えられます。

頬のこけの美容整形の失敗

痩せると「こける」は表裏一体。整形の失敗例も紹介

自分では痩せたことに喜んでいる人に限って、体重のダウンとともに頬のこけた状態に陥っていることに気がつきにくいです。顔は小さいに越したことはありませんが、頬がこけている状態は貧相に見えますし、年齢が高く見えてしまうので歓迎はできません。フェイスラインの軽度のたるみだったら、自分でのフェイスマッサージでも、多少はアップさせることができます。

しかし頬の部分がこけてしまうと、マッサージでは回復不可能です。壁にぶつかる状態であっても、頬のこけの美容整形だたったら、ふくよかな若い頬を手に入れる希望があります。

でも頬のこけの美容整形で、すぐにできるはずの注入の施術で失敗をしたら、仕上がった顔はボコボコしていておかしくなります。入れすぎてしまったり、なだらかに注入物を入れられないと、頬のこけた症状以前に、じゃがいもみたいな不細工になってしまいます。注入物はすぐに取り出せるものではありませんので、失敗したら修正も大変です。

知らないと怖い、頬のこけの美容整形の失敗について

頬のこけの美容整形の失敗で「血腫」ができるってどういうこと?

頬のこけの治療と血腫について。

頬のこけの美容整形をしてから、数日感の間に、血腫などの問題も起こるかもしれません。こけの美容治療は効果が期待できる反面で、針を刺した部分の皮下出血や小血腫に内出血なども、引き起こる可能性はあります。多少の腹や痛みは伴いますし、数日感の間は注入を行ったこけのパーツに、赤みや腫れや、ほのかな痛みを感じることもあります。しかしそれはいずれも、軽度のものであるために、コンシーラーやリキッドファンデーションで隠せます。

頬のこけ治療はレーザー治療で効果が出ない

頬のこけの美容整形を行うとなたとき、レーザー治療で効果が出ないと感じるのは、勘違いではないです。ほほの状態はこけていますので、皮膚の表面だけを良いものとしても、こけは解消がされるはずがないのです。美容医療のレーザー治療は確かに、美肌への効果を高くもたらす優れた美肌の医療機器による治療法です。でもレーザーでは頑張っても、コケをふっくらとさせる力までは、発揮をしてくれることはないちようです。

PRP・ヒアルロン酸注入・脂肪注入によるしこり・石灰化

頬のこけの美容整形はPRP・ヒアルロン酸注入・脂肪注入によるしこり・石灰化と、いくつかの治療法とデメリットを抱えています。石灰化やしこりは稀に引き起こることではありますが、体質に合わない意外でしたら、上手なこけへの注入をできる医師に依頼すれば問題はなくなります。それよりも注入をいかにバランスよく、なめらかに頬のコケに入れることができるかが、かなり重要なポイントになってきますので、医師の腕にかかっています。

頬のこけの美容治療のおすすめな方法

頬のこけの美容整形をするのにおすすめなのは、頬のこけてしまっている部位に、注入をして適度に盛り上げていく手段がマストな治療になります。頬はこけているのですから、いくら光の美顔器を当ててみても、ピーリングで皮膚表面をとかしてみても、頬のこけは膨らんではこないのです。頬の内側からの膨らみが、頬のこけた状態には必要になってきますので、そのこけたところに、ヒアルロン酸やPRPを入れるのが良いでしょう。あとは症例数を多くこなしている名医を選ぶことです。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。