フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

頬のこけの美容整形を考え出したら、ダウンタイムを知っておこう

頬のこけの美容整形の特徴は、頬に直接脂肪注射やヒアルロン酸注射をおこなうことです。
ヒアルロン酸はもともと身体にある成分であるため、アレルギー症状などをおこさないという点がメリットとなっています。
また、施術も約10分で済む場合がほとんどで、腫れや痛みも少なく、ダウンタイムもほとんどないため施術当日から普段と同じような生活を送ることができるということでも注目されています。
一方で気をつけておきたい点は、頬のこけの美容整形施術の場合、持続効果に限度があるということでしょう。 持続時間は人によって多少前後しますが、平均して約1年間となっています。
脂肪注入は、施術の時間は60分と長いとされていますが、一度注入すれば効果はほぼ永久とされてるのが魅力となっています。 脂肪注入方式も痛みや腫れ、そして内出血による一時的な変色のリスクは少なく、確率としては10人に1人の割合とされています。 施術後異常がなければ、こちらもすぐに変わらない日常生活を送ることができます。

頬のこけの美容整形を考え出したら、ダウンタイムを知っておこう

ダウンタイムは状況によって差がでる

頬のこけの美容整形は、長いダウンタイムや痛み、腫れ、そして内出血のリスクを負う確率が比較的低いというのが特徴です。
一方で、内出血などのリスクを負う場合の原因は、施術時に頬に注射針を入れるとき、針が偶発的に細い血管にあたってしまうことからきています。 これは頬のこけの美容整形を行う医師の腕にもより、どの医師も細心の注意を払って施術を行いますが、表面上では見えない頬の細い血管に触れないように注射をするには、かなりの技術を必要とします。
程度の軽い出血であるならば、1週間程度で治ることがほとんどです。 最も酷い内出血でも2週間程度で治まるため、出血が生じてしまったときのダウンタイムは1週間から2週間と考えておくと良いでしょう。
上記のことから、頬のこけの美容整形のダウンタイムは人によってかなり変動します。 出血などが起きない場合は当日あるいは翌日まで、そして出血による腫れや頬の一部が変色してしまったときは最大で2週間程度となります。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。