フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

額のたるみの美容整形の失敗で考えられる現象とは

額のたるみの美容整形方法には、前額リフトがあります。
ボトックス治療などが普及してきて、次第に注目されなくなっていますが、注入治療によるプチ整形と違って物理的に形を整えていくので、高い効果が期待できます。
その一方で高い技術力が必要になるので、失敗する確率も高くなります。
額のたるみの美容整形で考えられる失敗は、引きつったような表情になってしまうことです。上に引き上げすぎてしまうと、表情が作れないほど肌が突っ張ってしまいます。
糸を使った方法でよく見られる失敗で、強度の高い糸を使った場合に引き上げられすぎて、眉毛と目が大きく離れて間延びしたような顔になってしまうこともあります。

また、眉の部分を切開する方法では、間違った部分を切ってしまい、眉毛が生えてこなくなることもあります。こうなると、修正するには眉毛の植毛をするしかなくなる可能性があります。
クリニックの技術力によって仕上がりが異なるということは理解しておきましょう。

額のたるみの美容整形の失敗で考えられる現象とは

糸を使った手術、どんな失敗がある?

糸を使った額のたるみの美容整形で多い失敗として、他には皮膚が凸凹になってしまうということがあります。
薄い部分に入れた糸がバランスを崩して、歪みが出てしまう状態です。本来であれば皮膚と平行に入っていたはずの糸がずれて、一部だけ深い真皮に入ってしまうと、一部分だけ表面がぽこっと膨らんでしまうことがあります。逆にくぼんで見えることもあります。
吸収されない金の糸を使った場合の額のたるみの美容整形では、金属アレルギーの人が受けるとアレルギー反応が起きて肌が凸凹になってしまうこともあります。
このような問題がないように普通のクリニックは事前に検査やカウンセリングを行いますが、カウンセリングを適当に済ませてしまうクリニックもたまにあるので、気をつけましょう。
患者のことをよく考えてくれるクリニックを探すためには、美容整形について相談できる第三者機関に相談するのが一番です。不安、悩み、クリニックのレベル、などを教えてもらえます。

額のたるみの美容整形の失敗で考えられる現象とは

額のたるみの美容整形での失敗例の一つ、「前額リフトのしびれ」について

「前額リフトのしびれ」

前額リフトは、額のたるみの美容整形の1つです。
髪の生え際や頭皮部分を切開し、皮膚を持ち上げて余分な部分を切除した後、縫合を行います。
こうする事で額の皮膚は、大きくリフトアップするのです。
ただし、メスを使う美容整形ですので、後遺症に注意する必要があります。
前額リフトでは「しびれ」の症状が、施術後に出てしまう場合も少なくありません。
これは皮膚を切開した際に、神経を傷つけた事で起こる症状です。

「レーザー治療で効果が出ない」

額のたるみの美容整形には、メスや注射器を使用しないレーザーでの治療法という選択肢もあります。
レーザー治療はレーザーを照射し、熱でコラーゲンの生成量をアップするのが特徴です。
コラーゲンが増えれば増える程、肌のハリや弾力は高まるので額のたるみを解消する効果が期待できます。
ただ、レーザー治療で効果が出ないケースもあるので、この点は注意しましょう。
レーザー治療に精通していない医師だと、ほとんど改善の効果は見られません。

「リフトアップしない・若返らない」

額のたるみの美容整形には、レーザーなどの美容医療の他にもメスを使う美容整形など、色々な施術法があります。
どの施術法でも言える事ですが、経験の浅い医師が施術を行った場合「リフトアップしない・若返らない」というリスクがるので、この点は考慮する事が大切です。
施術を受けても全くたるみが取れなかった場合は、再度施術を受け治すしか改善策はありません。
このような事になってしまうと、金銭的な負担も大きいものとなります。

名医がいるクリニックを選ぶ事がおすすめ

額のたるみの美容整形には、レーザー治療で効果が出ない、思ったようなリフトアップ効果を得られなかった、前額リフトのしびれといった失敗が起こるケースが考えられます。
施術を受ける際は、このようなリスクを少しでも抑える為に、名医と言われるような医師がいるクリニックを、選ぶ事がおすすめです。
当相談所では額のたるみ取りに高い技術を持つ、おすすめの名医・美容外科クリニックをご紹介しています。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。