フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

額のしわの美容整形が失敗してしまったらどうなる?

額のしわの美容整形が失敗してしまったらどうなるのでしょう。従来の美容外科手術であれば、額のしわの美容整形はフェイスリフトで引き上げるのが一般的です。昔は芸能人などが密かにやっていた美容整形手術ですが、情報がかなりオープンになった現代においては、一般人でも皮膚を切開して引っ張り上げる手術を選択する人はいるでしょう。

しかしフェイスリフトで額のしわを美容整形するのは、しわ治療の中でもハードルが高くなります。失敗をすれば、見た目がとても不自然になるのは、もはや言うまでもないでしょう。人間は老化をしますので、筋肉も皮膚もたるみます。それに合わせて毛穴も、毛髪の生える位置も垂れ下がります。でもしわを外科手術で引っ張り上げると、すべてが一緒に引きあがります。引っ張り上げすぎてしまうと、顔は不自然にひきつった顔に変わってしまうのです。しわは消えたとしても、見た目にはやけに顔が引きつって、おまけに顔が大きく見えることさえあります。

額のしわの美容整形が失敗してしまったらどうなる?

失敗例を防ぐためには

額のしわの美容整形が失敗してしまったら、筋肉の動きを抑制するタイプの治療であれば、表情筋が動かないので不自然な顔の動きになります。額のしわの美容整形では、筋肉の動きをコントロールする注入は、美容クリニックでは本当によく使われる手段です。

でも注入をする量が多いと、額のしわへの作用はあったとしても、表情筋を動かなくしすぎてしまいます。人間は自然な動きで顔にも表情が出てきますが、その動きを止める成分を入れますので、その効果が効き過ぎると、笑顔さえまともに作れなくなってきます。笑いたくても表情筋が動かないのですから、まるでペテン師みたいな違和感のある笑い顔になるなど、不審な顔の動きにもなってしまいます。額のしわをなくして美しくなりたかったのに、失敗をすることで表情からナチュラルな動きはなくなり、美しさは遠のくことになります。成分は数ヶ月間は続くので、当分はそのまま不自然な表情で生活をすることになります。

額のしわの美容整形が失敗してしまったらどうなる?

額のしわの美容整形での失敗、「ヒアルロン酸注入やPRPの副作用と危険性」について

額のしわの美容整形をしたいとなったら、まずは注入物を額に入れる方法が、簡単な解決の方法になります。ヒアルロン酸注入やPRPの副作用と危険性は、額に注入をするときには、知っておくべき内容です。額は目立つパーツですが、ここのしわへの注入は、針によっての、数日間の内出血を伴う可能性が出てきます。少し額に、腫れた感じが出たりもするので、ファンデーションや前髪でカバーをするなど、工夫で対処します。

額のしわの整形とプロテーゼ挿入でのカプセル拘縮(被膜)

額のしわの美容整形には、それぞれにやり方があります。プロテーゼ挿入でのカプセル拘縮(被膜)は、プロテーゼという異物が挿入腔内で、ポジションがズレることが引き金になることです。手術をして傷は目立つかも気になるでしょうが、額のプロテーゼ挿入術といいますのは、そのすべてを髪の毛の生えているところより、美容整形手術をするものです。分けめを避けてのデザインなので、傷は見えにくくなります。

額のしわの治療をしても効果がない

額のしわの美容整形をしても、その後に効果がないと感じるようであれば、それは治療方法や期間を考えることです。まずすぐに効果がわかるのはヒアルロン酸などの注入系ではありますが、PRPは効果が実感できるまでに、少し時間を必要とします。ヒアルロン酸でも額に効果を感じないなら、それは額に入れたヒアルロン酸量が少なかった可能性もあります。もしくは、あまり適さないヒアルロン酸であることも、同時に考えられます。

額のしわの整形をするならば名医に頼もう

額のしわの美容整形を美容クリニックでするとなったら、額のしわを解消してきた名医に頼むことです。額のしわの問題は、ある程度の年齢を重ねたら、多くの人が抱える問題になってきます。しわは何もしないと、どんどん深くなっていきますが、美容整形をすることで一時的に解消をしますし、老化をゆっくりに指せる手段にもなります。特に注入でできる額のしわ治療であれば、気軽な利用をすることができますが、医師選びはしっかりするようにします。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。