フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

ギャラクシーのデメリットってどんなことがあるの?

ギャラクシーを使った治療をする場合、レーザー治療なので機材の性能は勿論、そのレーザーを扱う医師の技術が不足していると美肌を手に入れるどころかシミが残ってしまったり、しわが逆に増えてしまう可能性があるためギャラクシーを使った治療する際にはカウンセリングでよく説明を受けた上で治療してもらうようにしてください。
また他にもデメリットとしては治療後のダウンタイムは存在しませんが、多少の痛みや赤みがしばらく残る可能性があるためその点を十分留意する必要があります。
そしてレーザーによる治療効果は確かに高いのですが、顔のしわや目の下、法令線や口元といった顔を中心とした部位にしか効果的ではありませんので、その他も治療したい場合は別途費用が掛かりますしクリニックによっては治療できない部位もありますので注意してください。
この他にも自分の肌の状態によっては予測されるデメリットが存在する可能性もありますので、見切り発車せずに必ず医師の説明をよく聞いた上で治療にはいってください。

ギャラクシーのデメリットってどんなことがあるの?

免許が必要な高度な技術

医療レーザーであるギャラクシーは美容効果の高いレーザーではありますが、レーザーを照射するのでデメリットに注意しなければなりません。
まずギャラクシーは高周波のレーザー医療機器なので、扱いには免許が必要なほど高度な技術力を要します。
なので医師免許を保有していないエステサロンでの使用は違反行為にあたるため必ず事前に確認しておきましょう。
また美容の中では費用が安い部類の治療行為ですが、レーザーを照射するたびに費用がかかるので、経済面を考慮して計画的に通う必要があります。
そして計画性が要求されるのは経済面だけでなく、治療行為にたいしても要求されます。
治療したい患部の症状や個人差がありますが、レーザーを一回照射するとしばらく期間をおいてから照射するという行為を複数回繰り返さなくてはならないため、症状によっては治療が長期化してしまうケースがある事を留意してください。
また他のレーザーに比べて痛みはありませんが、若干痛みを感じる場合もあり肌の状態によっては治療後しばらく赤みが消えない場合もあるので、根気よく治療する事を心がけてください。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。