フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

ゴルゴラインのたるみの美容整形の失敗ってどんな状態になっちゃうの?

加齢やもともとの肌質によっては目立つのに個人差があるゴルゴラインのたるみの美容整形は一般的に、ヒアルロン酸注入によって改善をする方法が挙げられます。
今では行う美容外科も多種多様にあり、ゴルゴラインのたるみの美容整形に対して使用されるヒアルロン酸は、美容外科独自の開発力によってヒアルロン酸も安価なものから高価なものまであるほどです。
例えば安価なヒアルロン酸に飛びつた場合は、当然高価なヒアルロン酸に比べ、仕上がりや効果の持続性に大きな差が生じてきます。
安価なヒアルロン酸だからと言って安易に飛びつき過剰に注入したり、仕上がりが長く続かないことによって何度も過剰に繰り返し注入しすぎることによって、肌の表面が不自然になるといった失敗が考えられます。
例えば表情を変えないでいると凹凸がなく見た目ではきれいに見えても、笑ったりすることで表情が変わる度に、筋肉の周りに不自然さを与えてしまうといった失敗につながる可能性があるのです。

ゴルゴラインのたるみの美容整形の失敗

どのような失敗が考えられる?

またヒアルロン酸などの注入以外にもゴルゴラインのたるみの美容整形には、人体で作られるたんぱく質の一種を肌に直接注射して、細胞を増殖させて徐々に皮膚組織自体を再生していくという、FGF治療という施術方法も挙げられます。
ヒアルロン酸注入と比べると効果が得られるまでに時間を要しますが、注射した部分が物理的に膨らんで行く為、レザーや光治療で効果が得られなかったような深いしわやゴルゴラインのたるみの美容整形に効果が期待できるのです。
FGFそのものが人体で作られるたんぱく質の一種でもある体内で生成される成分なので、アレルギーのリスクが低く、安全性は高いといえる一方で、効果には大きな個人差があるのも大きな特徴でもある治療法です。
また経験不足や質の良い実績を構築してない医師によっては、注射する量が適量でなかった為に、患部が盛り上がって不自然になってしまった、しこりになってしまったという失敗が挙げられます。

ゴルゴラインのたるみの美容整形の失敗ってどんな状態になっちゃうの?

ゴルゴラインのたるみの美容整形に失敗。内出血や腫れしてしまったのは何故?

内出血や腫れを起こす可能性がある。

ゴルゴラインのたるみの美容整形を受け、内出血や腫れがでてしまうことはよく見られます。そのため、ダウンタイムのことを考えてから手術を行いましょう。また、その間はよく自分の顔を経過観察しましょう。
内出血や腫れは、マスクで隠したり、化粧ができる状態なら化粧で隠す人が多いようです。しかし、心配になる方も多いですよね。ドクターのカウンセリングを受け、納得してから手術を受けるようにしましょう。

裏ハムラ法やミッドフェイスリフトで効果が無い場合がある

ゴルゴラインのたるみの美容整形には、様々な種類の手術があります。そのなかには「裏ハムラ法」という方法や「ミッドフェイスリフト」という方法もあります。どちらもゴルゴラインのたるみに有効な整形手術ですが、裏ハムラ法やミッドフェイスリフトで効果が無い場合があるのです。裏ハムラ法は脂肪の移動が不十分であったり、ミッドフェイスリフトは取り除ける皮膚の量には限界があるため、効果がないと感じてしまう場合があるようです。

ヒアルロン酸注入やPRP注入で効果が無い場合がある

ゴルゴラインのたるみの美容整形には、「ヒアルロン酸注入」や「PRP注入」といった方法もあります。しかし、ヒアルロン酸注入やPRP注入で効果が無い場合があるようです。ヒアルロン酸注入は、ヒアルロン酸自体が水分を持ってしまい、質量を増していくことで、たるみが余計に目立つ場合もあるようです。PRP注入は、即効性がなく、少しハリが出る程度で効果を感じない方もいらっしゃるようです。持続期間も半年ほどです。

おすすめのドクターの探し方

このように、ゴルゴラインのたるみの美容整形は効果が感じられなかったり、逆に老けて見られるようになってしまったという事例もあるのです。自分の顔に手を加えるのですから、後悔しないためにも、技術のある信頼できるドクターに相談しましょう。

しかし、そのようなドクターをどうやって探すのかわからない方も多いと思います。そこで当相談所ではおすすめできる美容外科やドクターのご紹介をしております。ぜひご連絡ください。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。