フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

ゴルゴラインのくぼみの美容整形に失敗したら?

目頭から頬にかけての線をゴルゴラインと呼びますが、このゴルゴラインが生まれつきくぼんでいたり、加齢によるたるみでゴルゴラインが目立ってくるケースがあります。
このゴルゴラインのくぼみはメイクをすると少し隠す事ができますが、光の加減でくぼみが目立ってしまったり、ゴルゴラインのせいで老けて見えてしまったり、顔がこわばって見えたりとゴルゴラインがある事によって、損をしてしまう事もあります。
そこで多くの人が利用するのがゴルゴラインくぼみの美容整形です。
ゴルゴラインくぼみの美容整形にはいくつか方法があり、方法によって施術にかかる時間や料金、効果の持続性などが違います。
どの方法もかなりの効果を期待できますが、やはり美容整形ですので必ず成功するとは限りません。
中には失敗例もあり、後々後悔する事になる可能性もあるので施術を受ける際には十分に施術内容を理解し、必ず成功する保証はないと言う事をしっかりと頭に入れておきましょう。

ゴルゴラインのくぼみの美容整形に失敗したら?

施術の失敗例と体への負担について

ゴルゴラインくぼみの美容整形の方法にはそれぞれメリットとデメリットがあり、成功率も100%ではありません。
ゴルゴラインくぼみの美容整形の方法には、くぼみにヒアルロン酸や脂肪を注入する方法、顔の皮膚の下に糸を入れて顔全体を引き上げる方法、骨を削って骨格を整える方法などがあります。
ヒアルロン酸や脂肪の注入は、麻酔によって顔が少し腫れますが、入院する必要もなく手軽に行える施術の一つと言えます。
しかしヒアルロン酸や脂肪の注入はごくまれに失敗があり、ゴルゴラインではない別の部分が膨らんでしまい、肝心なゴルゴラインは消えずに終わってしまうパターンもあります。
また、皮膚の下に糸を通す方法ですが、糸を通して顔の皮膚を引き上げるので即効性はありますが、効果は永久に続くわけではなく、数ヵ月経過するともとも状態に戻ってしまうので、一時的なゴルゴラインの解消と考えておいた方がよいでしょう。
最後に骨格を削る方法ですが、この中では一番体への負担は大きいと考えられますが、効果の持続性はあるでしょう。

ゴルゴラインくぼみの美容整形に失敗したら?

ゴルゴラインくぼみの美容整形の失敗として起こり得る「PRP・ヒアルロン酸注入・脂肪注入によるしこり・石灰化」

入れすぎに注意PRP・ヒアルロン酸注入・脂肪注入によるしこり・石灰化とは、いったいどういう状態でしょうか。

PRP・ヒアルロン酸注入・脂肪注入によるしこり・石灰化は誰でも起こる可能性があります。アレルギー反応がおきにくいとして推奨されることも多い方法ですが、細胞の再生が進みすぎてしまったり、不純物が多く含まれている、入れる量が多かったことで血流が阻害されて、部分的に細胞が壊死したりするとしこり・石灰化が起きやすくなってしまいます。ゴルゴラインくぼみの美容整形では適切な量で生着率や親和性の高いものを用いることが大切です。

たるみが残りレーザー治療で効果が出ない

ゴルゴラインくぼみの美容整形では、傷跡を残さずに手軽にできるレーザーを照射する治療があります。肌の細胞などが活性化されて、肌のハリや弾力の回復がみられて化粧のノリが良くなったりして肌の美しさを取り戻すためには有効的な方法です。肌全体的なたるみは、ハリや弾力を取り戻せても発生するものであり、部分的なレーザー治療で効果が出ないことも多くなります。皮膚は全部一枚でつながっているため、部分的な治療では改善しにくくなります。

出血があれば血腫ができてしまうことも

切開しない施術を選択しても針を刺して注入することで、出血が起きることがあります。技術がない医師が行えば特に発生しやすく、血腫ができてしまうとそれを異物ととらえて拘縮を引き起こすことがあります。しこり状になってなかなか治らなくなり、場合によっては取り出す必要性が出てきて、傷を増やすことになりかねないため、手軽にできるゴルゴラインくぼみの美容整形であっても、慎重に施術をしてもらうことが不可欠です。

おすすめのゴルゴラインくぼみの美容整形

きれいになりたいのに、しこりや石灰化のせいで傷跡が増えては意味がないため、アレルギー反応や血腫などについても考慮して、ノウハウを持っている医師に担当してもらうことが大切です。実績がある医師なら、リスクを避けてゴルゴラインの解消を目指し術後のアフターケアについても満足できる対応が期待できます。

当相談所では名医のご紹介が可能で、おすすめの美容外科を知りたい方は気軽にお問い合わせください。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。