フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

バレずにできる?ゴルゴラインのこけの美容整形のダウンタイムとは

目の下から頬の中央あたりを横切るようにできるしわはゴルゴラインと呼ばれています。
年齢とともに頬の皮膚や筋肉が衰えてたるみ、脂肪がたるんで脂肪が垂れてくることになり、溝が目立つようになったきます。
これがゴルゴラインです。
そして年齢を重ねると顔の脂肪が減り、ゴルゴラインにこけができることがあります。
ゴルゴラインのこけでお悩みの方は、美容クリニックでゴルゴラインのこけの美容整形を受けることで改善することができます。
ゴルゴラインのこけの美容整形には、いくつかの施術方法がありますが、主な施術方法としては、フェイスリフト、糸を使ったリフト、レーザー治療、脂肪注入、ヒアルロン酸注入などがあります。
メスを使用せず比較的安い料金で受けることができるプチ整形は人気がありますが、メスを使用しないというだけでリスクが全くないわけではないので、経験豊富で技術力がある医師を選ぶことが重要です。
また、痛みや腫れ、内出血などがダウンタイムがどれくらい続くかも施術によって変わるので、事前に術後のダウンタイムについても調べておきましょう。
バレずにできる?ゴルゴラインのこけの美容整形のダウンタイムとは

腫れや内出血、ダウンタイムの期間は?

ゴルゴラインのこけの美容整形のうち、メスで切開を行い皮膚の下にある表情性筋膜を引き上げるフェイスリフトは、大きな手術になるので、ダウンタイムが長くかかることがあります。
施術後は、止血のためにバンドなどで患部の圧迫を行い、1週間後に抜糸を行います。
むくみや腫れ、内出血などが起こる場合がありますが、2週間ほどで落ち着くことがほとんどです。
強い痛みを感じたときは、鎮痛剤を処方してもらうことができますが、痛みが強いときは、早めに医師に診てもらいましょう。
メスを使用しないプチ整形である糸を使ったリフトやレーザー治療、ヒアルロン酸注入などは、一定期間しか効果が持続しませんが、ダウンタイムは短くなります。
腫れや内出血は1週間程度で治まることが多く、強い痛みが続くことも少ないと言われています。
施術の当日からメイクや洗顔などが可能が施術もあるので、すぐに日常生活に戻らなければいけないという方でも安心してゴルゴラインのこけの美容整形を受けることができます。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。