フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

フラクショナルレーザーの修正、やり直しは可能?

フラクショナルレーザーの治療を受けたものの、効果が実感できないときには修正を相談を依頼することです。やり直しをする時には、その時の肌状態に適した、フラクショナルレーザーの出力を決めることです。レーザ光の治療は痛みが強いと言われていますが、出力を高くするほど皮膚の入れ替えがしやすくなるのは事実です。その分だけ痛みがとても強くなりますので、ほとんど効果が無かったという人の場合は、かなり低い出力でレーザー光の照射をしていた可能性があります。ただ、出力を最初から高くしてしまうと、照射の痛みに耐えられない可能性が出てきます。そのため、初めてレーザーの治療を受けるときには、たいていは低い出力の設定でお手入れを開始するのが一般的です。修正での治療を受けるにしても、皮膚のプロであるドクターに肌状態を判断してもらった上で、希望のレベルを伝えて照射を受けることです。塗るタイプの麻酔を使うことができますが、それでも照射の際には痛みを感じることになります。

フラクショナルレーザーの修正、やり直しは可能?

どのパーツに照射をして欲しいかをしっかりと伝えましょう

フラクショナルレーザーの修正では、どのパーツに照射をして欲しいかをしっかりと伝えましょう。フラクショナルレーザーの照射は施術をする人によっても、上手かどうかの技術の差があります。うち漏れなどがあれば、その部分は皮膚の入れ替えができませんので、損をしてしまいます。顔の部分的に照射をするメニューもありますが、多くの場合は顔全体への照射で、顔全体の肌を若く美しくしたい人が大半です。そのなかでも、しっかりと照射をしてもりたい部分や、内漏れしやすい端の部分も、もれなく照射してもらうように伝えることです。エステサロンでのフェイシャルエステは気持ちがいいですが、とても表面的なケアなので、肌状態は2日もすれば戻ってしまいます。しかしレーザー光での照射の治療だったら、根本的な深い部分からリセットしますので、美しい素肌へと生まれ変わらせることができます。病院によっては、気にしている部分を重ねて照射してくれることもあります。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。