フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

しっかり選ぼう!フラクショナルレーザーの名医はココが違う!

フラクショナルレーザーの名医は、その人の肌の状態を、キチンと診察をしてから治療を行います。消して流れ作業で適当な説明をしたりはしません。メスを使った方法ではないにしろ、フラクショナルレーザーの治療は、高いパワーのレーザーを肌へと照射をする方法です。肌に対してエネルギーの設定が高すぎれば、痛みが強すぎて我慢ができなくなってしまいます。皮膚には出血が伴う危険もありますし、要望は聞いても本当に肌にあっている出力で照射をしてくれます。患者さんの希望にもキチンと耳を傾けてくれますので、鼻の毛穴の開きが気になる事を伝えれば、鼻の皮膚へのレーザーを2回照射してくれたりと、治療に対しても誠実さがにじみ出ます。痛みが伴う照射の施術ですので、患者さんの事を思って優しい言葉をかけてくれたり、気使いを忘れないですから、痛みに対しての配慮もしれくれます。患者さんのことをしっかりと考えて施術をするので、患者としても安心してレーザー治療が受けられます。
しっかり選ぼう!フラクショナルレーザーの名医はココが違う!

フラクショナルレーザーの名医とは?

フラクショナルレーザーの名医は、レーザー治療における利点のみではなく、施術後の辛いダウンタイムやデメリットに関しても、とてもわかりやすく患者に説明をしてくれます。肌悩みを解決したいのと、美しい肌になりたい思いで、フラクショナルレーザーの治療を受けることになります。良いことばかり言われるのは嬉しですが、デメリットに触れないままで、後から驚くことがいろいろ出てきては、施術後のダウンタイムに不安が募るばかりです。ですが名医は事前に、レーザー治療によって起こるであろうリスクに関しても、正直に触れて伝えてくれます。当日は顔に熱を持つことや、施術後の3日目あたりまでは、皮膚を水につけるのもしみて痛みが伴うこと、それに1週間ほどは素顔で人にあるのは厳しいくらい、ドットのような肌の表面になり、かさぶたができることなども、包み隠さず教えてくれます。しかし2週間ほどすればたまご肌になりという、明るい希望に対しても普及してくれますので、両方の面を知った上で、治療を受けることができます。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。