フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

フラクショナルレーザーのダウンタイム、気をつけるポイントは?

フラクショナルレーザーの治療を受けたあとは、内出血ではなく、痛みと腫れを感じることになります。ダウンタイムで気をつけるポイントとして、当日は体温をなるべく上げないようにすることです。フラクショナルレーザーのレーザー光によって、皮膚は熱を持っている状態です。湯船に浸かったりスポーツをすると、皮膚の内側の温度も高めてしまうので、炎症はひどくなります。当日は湯船には浸からないで、バスタイムはシャワーで過ごすことです。強いシャワーを顔の肌には当てないようにして、首より下に、ぬるま湯のシャワーでスッキリさせましょう。皮膚はしばらくは痛みが続き、かさぶたになるまでには数日の時間が必要です。皮膚を無理やり擦るようなことは控えて、できるだけ優しいケアをします。タオルでゴシゴシ顔をこするのも良くはありません。そのうちにかさぶたになりますが、手で取らないように気をつけましょう。かゆみを感じでも、我慢して触れないことです。

フラクショナルレーザーのダウンタイム、気をつけるポイントは?

皮膚には絶対に直射日光を当てない

フラクショナルレーザーは内出血を心配するよりも、外への出血をすることがありますので、衛生面の管理は気をつけましょう。フラクショナルレーザーは照射を受けるときも相当痛いですが、ダウンタイム機関の最初の頃もしみる痛みがあります。レーザー光の照射直後には、若干の腫れもありますが次第に引いていきます。ダウンタイムで気をつけないといけないのは、皮膚には絶対に直射日光を当てないということです。レーザー光で小さな穴をあけてから、自然治癒で治りますが、そこまでには時間が必要です。ダメージを受けている肌は弱く、そのあとから入れ替わる若い肌も、またとても弱いものです。太陽の光に何も対策をなしに浴びてしまえば、強い紫外線によって大きいダメージが加わることになります。皮膚は黒く焼けてしまいますし、色素沈着は皮膚に残って目立つシミが出来てしまいます。ですからレーザー光の治療を受けるならば、UVケアの対策は必須だと言えます。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。