フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

フラクショナルレーザーのアフターケア、やっちゃダメなこととは?

フラクショナルレーザーのアフターケアとして、やってはいけないのが、紫外線対策を怠ることです。フラクショナルレーザーは強いレーザー光を皮膚へ照射する施術です。無数の穴が皮膚にはあいて、やがてかさぶたとなって、自然に剥がれ落ちることになります。その下には新しい皮膚が存在しますが、とてもデリケートで、まだ弱いです。この皮膚の総入れ替えの間に、全く紫外線対策をしないままで生活をすると、確実に皮膚は太陽からの紫外線を受けることになります。紫外線はただでさえ強力であり、皮膚の入れ替えの工程の期間に浴びてしまうと、そのままいつもよりも吸収します。通常以上に日焼けをしやすいだけではなく、シミは色素沈着となって皮膚に残る可能性が出てきます。美しい肌を目指して、痛みの強いフラクショナルレーザーの治療を受けたとしても、紫外線対策を怠ると、逆にシミが出来るので要注意です。ですからレーザー治療のダウンタイムには、必ず皮膚には紫外線対策をする必要があります。
フラクショナルレーザーのアフターケア、やっちゃダメなこととは?

熱によって肌は猛烈に乾燥

フラクショナルレーザーのアフターケアとして、やってはいけないことは、皮膚の乾燥している状態を放置することです。フラクショナルレーザーの照射は高い出力のレーザー光を皮膚へと照射しますので、その熱の影響を肌は全体的に大きく受けます。皮膚の再生も行う過程において、熱によって肌は猛烈に乾燥をするようになります。レーザー治療を受けたあとに、何もスキンケアをしないと、皮膚の乾燥は激しくなりますし、新しい皮膚への入れ替えは順調にはいきません。そればかりか、皮膚が逆に硬くなってしまいますし、せっかくの高いお金を支払ってするレーザー治療の効果まで、半減してしまうことになります。さらには乾燥をさせてしまうと、レーザー治療を受けにも関わらず、肌荒れを起こしたりトラブル肌に見舞われる可能性も高くなります。フラクショナルレーザーのアフターケアでは、乾きをそのままにはしないで、皮膚へのスキンケアを十分にすることを心がける必要があります。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。