エランセの失敗3つと修正手術が上手い病院のご紹介

美容医療の世界では、様々な治療が人気を博しており、その市場は拡大しています。

できるだけ長い期間、効果が持続するように、より持続期間を長くするフィラーが開発されています。
ポリカプロラクトンは、体内で代謝されます。

しかも、効果を持続できる期間が2年以上と長く、注入材料として注目を集めています。

ポリカプロラクトンは、吸収糸や創傷被覆材に使われている医療材料です。
電子顕微鏡で見ると、表面の形は丸くなっています。

ポリカプロラクトンは、体内で二酸化炭素と水に代謝されます。
そのため、再生医療でも利用されることが多いです。

ポリカプロラクトンは、溶解のスピードを変えることが可能です。

現在、ポリカプロラクトン注入製剤としては、エランセが有名です。

エランセは、修正にも使われ、分子鎖の違いによって持続期間を変えることが可能です。

また、最終的にすべて吸収されるので、体内に異物が残る心配もなく、安心して施術を受けることが可能です。

エランセの修正リスク、ここではエランセの失敗例と修正についてご説明します。

エランセの修正

上手な医師・クリニックの特徴

丁寧なカウンセリングのあと、エランセによる施術の説明をしっかりと行ってくれて、リスクについても説明が行われます。

患者の希望やしわ、たるみの状況から使用するエランセの種類を選び、2年や3年もつもの4年程度持つものを使い分けて施術を行います。

注入することによって、生体反応が起こりコラーゲンの生成が活発になること、ハリと弾力がよくなり若返りにつながることを考慮した施術を行い、過剰に注入することがないように配慮を行うことが可能です。

溶解剤がないため、前の顔に戻れない不安を抱える患者に対しては、初めにヒアルロン酸注入を行い、実際に顔の変化を確かめ、納得できたら持続性のあるエランセによる施術を受けるかどうか判断してもらう対応も行ってくれます。

施術部位は、マーキングを行い不必要な部分に入れることがないようしっかりとデザインを行い、適切に注入部位に必要な量を状態を見ながら注入して、バランスの取れた自然な仕上がりになるように配慮してもらうことが可能です。

痛みが最小限になるように極細の針を使い30分ほどの施術では、細心の注意を払い、感染症に配慮して施術部位の消毒を行うとともに出血が少なくなるよう施術し、止血が必要な場合もガーゼなどを利用して圧迫し、施術後は化粧を行って帰宅できる状態になります。

失敗例

エランセは、注入剤を使用して肌の再生を試みる施術です。これは、シワやくぼみが気になる方や、肌の弾力やハリを取り戻したい方や、マリオネットラインやゴルゴラインなどが気になる方に特におすすめの施術です。

エランセの注入剤は、外科で用いられているポリカプロラクトンと、セルロースや水から出来ているカルボキシメチルセルロースとを主成分として構成されています。ヒアルロン酸と同じように体内に吸収されるので安全性も高く、欧州CEマークやアメリカのFDAの承認も取得しています。

手術で用いられるポリカプロラクトンを細かい球状にして注入することで、シワや頬のくぼみなどを解消したり、コラーゲンの生成を促す効果で、肌の弾力やハリを取り戻すことが出来るのです。

持続性は製品のタイプによって異なりますが、1年持続のSタイプ、2年持続のMタイプ、3年持続のLタイプ、4年持続のLLタイプの4種類が存在します。では、実際にこの施術を受けるとしたら、どんな失敗の注意すべきでしょうか。

エランセの失敗で起こるのはどんな現象?

皮膚が壊死してしまうという失敗

エランセは、ヒアルロン酸と同じように体内に吸収されるため、非常に安全性が高い注入剤ですが、ヒアルロン酸とは違って溶解注射が無いので、もし注入に失敗しても修正が出来ません。

そのため、効果が続いている間は、分解吸収されるまでただ待つしかありません。

また、過度に注入しすぎて膨らみが生じて不自然になったしまうこともあります。さらにもっと注入し過ぎてしまった場合は、血管が圧迫されて血流が悪くなって、皮膚が壊死してしまうという失敗も存在しています。

そして、注入の仕方によっては、凹凸が出来てしまったり、しこりのような異物感が残ってしまうこともあります。

これらの失敗を防ぐためには、技術力があって信頼できる名医を選択する必要があります。エランセは溶解注射が無いため、もし何かあっても、持続期間中は分解吸収されるまでただ待つだけになってしまいます。そのため、特に腕の良い技術力の高い医師に出会えるかどうかが重要になるのです。

エランセの失敗で「吸収される・持続効果が短い」って本当?

吸収される・持続効果が短い?

エランセは細かい粒子であるポリカプロラクトンという成分を使っているので体内に吸収される・持続効果が短いというデメリットがあります。

個人差はあるものの大体4年間は持続効果があると言われており類似の手術方法の中では効果は持続する方です。

しかし永久的な効果が期待出来ないため効果がなくなると再度手術を受ける手間と費用がかかります。そのため永久的な効果を期待されている方には持続効果が短いと感じます。

しこり・石灰化する恐れがある

エランセはポリカプロラクトンという成分を主成分とした長期的な持続性の高い注入剤です。しかし注入箇所が悪いと組織が壊死してしまい、しこり・石灰化の原因になります。

一度しこり・石灰化してしまうと元の綺麗な状態に戻すまでに時間がかかり場合によっては綺麗な状態に戻らないこともあります。このようにエランセによる施術方法はしこり・石灰化の恐れがあり、元に戻るのに時間がかかるので時間やお金がかかることにつながります。

一度なると厄介な感染を防ぐためには

注入治療で切ったりする方法ではないので感染の恐れは比較的低いと言えます。しかし注入しただけでも傷口があるのでダウンタイム期間中は医師から処方された薬をしっかりと使うようにしましょう。

感染してしまうとダウンタイム機関が長引いたり、悪化したらクリニックに行って様子を見てもらわなければいけなくなることもあります。このように一度感染してしまうととても厄介なのでする前から注意をしておくことが求められます。

エランセの失敗

修正する場合は痛みが伴うことを知っておく

エランセは注射製剤であり、2007年にオランダで開発され、世界70ヶ国以上で認可を受けています。
修正する場合は、痛みが伴うことを事前に知っておく必要があります。

しかし、ミキシングにより、施術後の痛みや腫れを軽減させることができます。

エランセは、額や鼻、頬、顎の周辺などに注入することができます。
溶解剤がないので、入れすぎには注意が必要です。
エランセは、2011年に革新的美容フィラー大賞を受賞しており、アメリカの食品医薬品局で認可されています。
また、ヨーロッパのCEマークも取得しています。

日本でも人気が高く、多くの女性が施術を受けています。

特に、頬のたるみや法令線が気になる女性に人気があります。
即効性があるので、仕事で長期間の休みが取れない人や、家事や育児で忙しい主婦にも評判が高いです。
施術時間は、15分から20分です。

入浴や洗髪も当日から可能で、メイクアップも当日からできます。
スポーツを毎日の日課としている人も、当日からスポーツを行うことができます。

名医を見つけて手術を受けよう

エランセはプチ整形ですがプチ整形だからといって安易な気持ちで手術を受ける自分が思っていたような仕上がりにならなかったり、失敗などのリスクが起きる可能性があります注入箇所を間違えると大変なことになるのでしっかりと技術力と実績がある名医を選ぶことをおすすめします。

選び方はネットで口コミを見たり手術前後の違いを写真で載せている場合は確認をして自分が手術を受けるイメージを掴んでおきましょう。

「上手いクリニック」「おすすめの病院」の紹介はこちらから

深いしわや気になるたるみ、くぼみにたいしても注入することで、ハリや弾力を回復させ若返りを目指すことができるエランセは、簡単に施術が可能で顔の雰囲気を30分程度の施術で変えることができる負担が少ない術式ですが、エランセの注入に失敗した時には溶解させることができる成分がないため、修正が必要になったとき、手軽に注入するだけで済ませることができません。

技術のある医師が丁寧に施術を行わなければ失敗してしまうリスクが高く、注入不足であれば再施術も簡単に行うことができますが、不要な場所に入れてしまったり、量が多く不自然なデザインにされてしまったときに修正は、肌に負担がかかってしまうものになって、注入を受けたことを後悔することになりかねまず、医師選びは成功させるためにもとても重要になります。

長期間持続性があり何度も施術を受ける必要がないエランセは、成功すればきれいに仕上がり、負担も少ない注入剤です。異物がいつまでも残らず、最終的に吸収される点も体に優しい成分ですから、慎重に医師選びを行って修正が必要になるリスクを減らしましょう。

当相談所では、おすすめのクリニックをご紹介することが可能です。エランセによる施術を検討していたり、修正が必要になってしまった方は名医のご紹介をしておりますので、お気軽にご連絡ください。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。