フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

エランセの失敗で起こるのはどんな現象?

失敗例

エランセは、注入剤を使用して肌の再生を試みる施術です。これは、シワやくぼみが気になる方や、肌の弾力やハリを取り戻したい方や、マリオネットラインやゴルゴラインなどが気になる方に特におすすめの施術です。エランセの注入剤は、外科で用いられているポリカプロラクトンと、セルロースや水から出来ているカルボキシメチルセルロースとを主成分として構成されています。ヒアルロン酸と同じように体内に吸収されるので安全性も高く、欧州CEマークやアメリカのFDAの承認も取得しています。

手術で用いられるポリカプロラクトンを細かい球状にして注入することで、シワや頬のくぼみなどを解消したり、コラーゲンの生成を促す効果で、肌の弾力やハリを取り戻すことが出来るのです。持続性は製品のタイプによって異なりますが、1年持続のSタイプ、2年持続のMタイプ、3年持続のLタイプ、4年持続のLLタイプの4種類が存在します。では、実際にこの施術を受けるとしたら、どんな失敗の注意すべきでしょうか。

エランセの失敗で起こるのはどんな現象?

皮膚が壊死してしまうという失敗

エランセは、ヒアルロン酸と同じように体内に吸収されるため、非常に安全性が高い注入剤ですが、ヒアルロン酸とは違って溶解注射が無いので、もし注入に失敗しても修正が出来ません。そのため、効果が続いている間は、分解吸収されるまでただ待つしかありません。また、過度に注入しすぎて膨らみが生じて不自然になったしまうこともあります。さらにもっと注入し過ぎてしまった場合は、血管が圧迫されて血流が悪くなって、皮膚が壊死してしまうという失敗も存在しています。

そして、注入の仕方によっては、凹凸が出来てしまったり、しこりのような異物感が残ってしまうこともあります。これらの失敗を防ぐためには、技術力があって信頼できる名医を選択する必要があります。エランセは溶解注射が無いため、もし何かあっても、持続期間中は分解吸収されるまでただ待つだけになってしまいます。そのため、特に腕の良い技術力の高い医師に出会えるかどうかが重要になるのです。

エランセの失敗で「吸収される・持続効果が短い」って本当?

吸収される・持続効果が短い?

エランセは細かい粒子であるポリカプロラクトンという成分を使っているので体内に吸収される・持続効果が短いというデメリットがあります。個人差はあるものの大体4年間は持続効果があると言われており類似の手術方法の中では効果は持続する方です。しかし永久的な効果が期待出来ないため効果がなくなると再度手術を受ける手間と費用がかかります。そのため永久的な効果を期待されている方には持続効果が短いと感じます。

しこり・石灰化する恐れがある

エランセはポリカプロラクトンという成分を主成分とした長期的な持続性の高い注入剤です。しかし注入箇所が悪いと組織が壊死してしまい、しこり・石灰化の原因になります。一度しこり・石灰化してしまうと元の綺麗な状態に戻すまでに時間がかかり場合によっては綺麗な状態に戻らないこともあります。このようにエランセによる施術方法はしこり・石灰化の恐れがあり、元に戻るのに時間がかかるので時間やお金がかかることにつながります。

一度なると厄介な感染を防ぐためには

注入治療で切ったりする方法ではないので感染の恐れは比較的低いと言えます。しかし注入しただけでも傷口があるのでダウンタイム期間中は医師から処方された薬をしっかりと使うようにしましょう。感染してしまうとダウンタイム機関が長引いたり、悪化したらクリニックに行って様子を見てもらわなければいけなくなることもあります。このように一度感染してしまうととても厄介なのでする前から注意をしておくことが求められます。

エランセの失敗

名医を見つけて手術を受けよう

エランセはプチ整形ですがプチ整形だからといって安易な気持ちで手術を受ける自分が思っていたような仕上がりにならなかったり、失敗などのリスクが起きる可能性があります注入箇所を間違えると大変なことになるのでしっかりと技術力と実績がある名医を選ぶことをおすすめします。選び方はネットで口コミを見たり手術前後の違いを写真で載せている場合は確認をして自分が手術を受けるイメージを掴んでおきましょう。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。