フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

ダーマローラーの修正での注意点

ダーマローラーは、0.2~2.0ミリの長さの極細の針が数百本ついたローラーで、肌の上を転がして肌組織を刺激し、コラーゲンを増やしてしわやたるみ、毛穴などの肌トラブルを改善していく美容法です。
肌細胞は、傷が自然に治るように重要な役割を担っているもので、肌にはりを与えるコラーゲンや潤いを与えるヒアルロン酸、弾力性を維持するためのエラスチンなどを生成する、重要な細胞です。
ダーマローラーは、髪の毛よりも細い針が無数についたローラーで、このローラーを転がすことで、目には見えないような小さな穴を表皮と真皮にあけ、肌細胞を刺激して、自力で肌力をアップさせることができます。
肌の表面には、角質層があり、外部からの異物の侵入を防いでいるため、化粧水や美容液などの大半は浸透していません。ダーマローラーは、肌の有効成分を肌の内部の深層部に直接届けることができるため、美容効果に優れています。
ただ、医師の経験値に大きく左右することがあるので、修正を防ぐためにもアンチエイジングの名医を選択することが大切です。
ダーマローラーの修正での注意点

肌にハリと弾力が生まれ、艶やかでなめらかな肌へと改善

ダーマローラーは、肌にダメージを与えずに、コラーゲンを増殖させる美容法で、ステンレススチールの針がついたローラーを、顔の肌の上で転がして、表皮の角質と真皮に小さな穴をあけて、ヒアルロン酸やビタミンCといった有効成分を肌内部に浸透させるという施術です。
針による刺激によって、新しい肌に入れ替え、はりのあるなめらかな肌へと導きます。
ダーマローラーは、極細の医療用ステンレス針がついたローラーを肌で転がし、わざと肌に炎症を起こし、コラーゲンが生成されることで、肌にハリと弾力が生まれ、艶やかでなめらかな肌へと改善していきます。
ローリング時に、薬剤を塗布することで、自然浸透よりも遙かに多くの有効成分を真皮に到達させることができ、組織の再生を促すことができます。
ケミカルピーリングやレーザーフェイシャルのように、表皮を傷つけることもなく、副作用のリスクも少ない施術ですが、技術が未熟なクリニックや医師の場合、修正手術が必要となることがあるので、事前にきちんとカウンセリングを受けることが大切です。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。