フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

CO2フラクショナルレーザーの修正での注意点とは

男女を問わず、肌のトラブルで多いのがニキビです。
最近は、思春期だけでなく、大人になってからもニキビができる人が増えています。
大人になってからのニキビの原因には、ストレスやホルモンバランスの乱れなど、様々なものがあります。
ニキビは、悪化しないうちに適切な治療を受ければ、早く治ります。
しかし、悪化すると炎症がひどくなり、治っても色素沈着やクレーターのような跡が残ってしまうケースがあります。
色素沈着やクレーターのような跡が残ってしまった場合は、医療用レーザーを使って治療を行うことが多いです。
にきび跡の治療によく使われる医療用レーザーが、フラクショナルレーザーです。
フラクショナルレーザーは、皮膚にレーザーを照射することで、目で見ることができない小さな傷を開け、コラーゲンを増やし、組織の正常化を促進させます。
フラクショナルレーザーは、ニキビ跡だけでなく、傷跡や毛穴、アンチエイジングにも効果が期待できます。
最近は、CO2フラクショナルレーザーによる修正も人気があります。
CO2フラクショナルレーザーは、炭酸ガスを利用しています。
CO2フラクショナルレーザーの修正での注意点とは

短期間で肌の修正を行うことが可能

フラクショナルレーザーには、レーザーによる熱作用を利用した治療方法と、皮膚の剥脱を行う治療方法があります。
最近は、日本人の肌に合わせて、治療効果が高く、しかもタウンタイムが少ないフラクショナルレーザーが登場しています。
CO2フラクショナルレーザーは、炭酸ガスレーザーを分散して照射することで、ダウンタイムが最低限で、最大限の効果が期待できます。
CO2フラクショナルレーザーは、従来のレーザーに比べて組織破壊力が強いので、短期間で肌の修正を行うことが可能です。
日焼けをしている人やヘルペス既往症がある人、妊娠中の人、皮膚に炎症を起こしている人などは、レーザー治療は控えた方がいいです。
レーザー治療について不安な点や疑問点などがある場合は、無料カウンセリングなどを利用して納得するまで説明を受けた方が安心です。
また、レーザー治療を受けた後に皮膚に異常が出た場合は、すぐに担当の医師に連絡して、診察を受けることが大事です。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。