フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

炭酸ガスレーザーの修正、大事なポイントって?

炭酸ガスレーザーは、炭酸ガス自体を発振物質とした10600nmのレーザーで、水分の多い組織自体を蒸散させ炭化して削り取り修正する方法です。これによって、人体の気になるニキビ、ほくろ、いぼ等の吹き出物、魚の目、しみなどの除去や修正も行うことが可能となります。

このレーザーは、皮膚内に存在する水分に吸収される性質を有しており、吸収されることで熱を発し、この熱エネルギーによって照射した部分を気化させて蒸散させることができます。そのメリットは今までのメスによる手術で難しかったほくろなどが、簡単に除去することが可能となります。

従来の手術では、どうしても母斑細胞が残ってしまうため、メラニンの色素が残ってしまいますが、炭酸ガスレーザーなら一気に組織を除去でき、元となる母斑細胞を取り除けます。デメリットとしては、悪性の疑いがあるほくろには適応できないため、その見極めが大事となることと、また一回では除去しきれない場合もあるため、数回にわたり施術を行わなければならないことです。

co2noshuusei

気になる箇所の修正

炭酸ガスレーザーは、レーザーによる方法で人体の気になる箇所の修正を行うことができることで治療時間が1~5分程度の短時間で済むため、患者さんの負担になりません。しかも切らないため、出血自体も出ることもなく、比較的に安全な方法となります。

ただ実際に傷跡が目立たなくするためには、施術を行う医師の経験や実績、専門的な知識が必要で、それを有する医師の施術を受けることが肝要です。炭酸ガスレーザーでは、水分を持つ皮膚組織にそれを照射させることで、熱エネルギーを生じさせほくろやしみなどの組織を蒸散する方法となります。

従って関係ない組織にも影響を与える可能性もあり、場合によっては失敗する危険性もありますので、施術実績が豊富な医師に施術を行って貰う方法が近道です。炭酸ガスレーザーによる各種箇所の修正を行って欲しい場合、施術希望者が医師を探索することには限界があるのも事実です。

そのため当相談所では、名医のご紹介をしておりますので、お気軽にご相談下さい。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。