フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

炭酸ガスレーザーを受けるメリットとはどんなもの?

炭酸ガスレーザーは、ピンポイントでほくろやイボを焼き切り除去する施術です。この施術を選ぶメリットはメスを使わないので傷も小さく、目立たない上に治りも早いといえます。レーザー治療にはいくつかの種類があり、にきび跡や毛穴に効果のある「フラクショナルレーザー」やしわやたるみなどに効果がある「クールタッチレーザー」があり、炭酸ガスレーザーもその中のひとつなのです。濃い色のしみやほくろの除去ができるのは、このレーザーマシンだけです。強力なレーザーの威力でメラニン色素を破壊して、きれいな肌を取り戻せます。ガスを発振物質としたレーザーを使用する炭酸ガスレーザーは、ほくろやイボの除去治療に向き、炭酸ガスによってほくろを物理的にくり抜く方法となっています。水に良く吸収される性質があるので、レーザーを照射させるとほくろ内部に入り込んで組織を分解するのです。皮膚の中のほくろを含めてガスで削りとるので、治療後はしばらく小さな窪みができます。

炭酸ガスレーザーを受けるメリットとはどんなもの?

炭酸ガスレーザー治療をするメリット

炭酸ガスレーザーで治療をするとき、一箇所にかかる時間は5分から10分ほどです。炭酸ガスレーザーで治療後2週間から3週間で赤味がかった上皮が上がり始めます。その後1ヶ月から3ヶ月くらいで赤味も収まって、きれいな肌となります。局所麻酔をするので、治療中は痛みを感じることはありません。そしてレーザーで肌を焼くので、皮膚が焼ける臭いがすることは覚えておいてください。炭酸ガスレーザー治療をするメリットでは、水分をあまり含まないまわりの組織への熱による損傷が少なく、ほくろ以外の部分を殆どキズ付けずに済みます。さらにほくろ周辺の血液は瞬間的に凝固するので、出血もまったくないといって大丈夫です。またメスによる手術治療と比べてキズが浅く、細かい部分にも対応可能なので現在ほくろ除去治療の主流となっています。もしも日常生活に支障があるほくろ(小鼻の脇にある大きく目立つものや眉の上にかかったもの)には保険が利く場合があります。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。