フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

炭酸ガスレーザーの名医はどう選べばいい?

炭酸ガスレーザーは、治療時間が短く、切らずに傷跡も残さないレーザー治療機器です。
炭酸ガスレーザーは、炭酸ガスを発振物質とした、効率のよいレーザーで、水分の多い組織を無差別に加熱し、蒸散させたりします。
周囲組織への熱による損傷が少なく、治療部分だけを蒸散させる作用があるのが特徴です。
ニキビやほくろ除去の治療に効果があり、化膿したニキビにレーザーを照射することで、皮膚に小さな穴があき、そこから皮膚の中に通過したレーザー光が毛穴の中で拡散し、熱エネルギーでニキビの膿や脂質を溶解します。
またほくろ治療の場合、ほくろにレーザーを照射することで、ほくろの組織内の水分が膨張し、熱凝固作用で一瞬のうちに固まります。この膨張したほくろの細胞は、一瞬のうちに蒸散し除去することができます。直径3ミリ程度であれば、1~3ヶ月で痕が消え、大きなほくろでも、時間をかければ痕を残さずに除去することができます。
失敗を防ぐためにも、事前にメリットとデメリット、リスクの説明をうけ、経験豊富な名医を選ぶことが大切です。

炭酸ガスレーザーの名医はどう選べばいい?

ニキビ痕を消すなど肌のリセットが可能

炭酸ガスレーザーによるほくろ治療は、ほくろをレーザーで削り取るため、治療後にはほくろがあった場所に穴があきます。時間の経過とともに周りから肉が盛り上がってくるため、穴は小さく浅くなっていくため、目立たない浅いへこみとなって治ります。
炭酸ガスレーザーは、他のレーザーのように色素に反応するものではなく、水分に吸収される特性を持っているため、水分を多く含む皮膚に照射することで、皮膚が削られます。そのため、色素の有無にかかわらず治療が可能といえます。
皮膚を削るといっても、麻酔を行ったり局部をしっかりと冷やして処置しておこなうため、痛みの心配はありません。
またほくろだけでなく、にきびの治療にも効果的です。
ニキビにレーザーを照射することで、皮膚は蒸散という小さな穴があいた状態になり、そのダメージを補おうと新しい皮膚再生が行われることで、ニキビ痕を消すなど肌のリセットが可能となります。
また毛穴を引き締めしわやたるみの改善にも効果があり、クレーター状のニキビ痕にも効果的です。
失敗を回避するためにも、名医に施術を依頼するとよいでしょう。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。