フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

炭酸ガスレーザーを受けるのはデメリットを理解してからにしてください

炭酸ガスレーザーのデメリットは、レベルの低いクリニックで受けてしまうとダウンタイムが長引いたり、傷跡が残ってしまう可能性があるところです。
直径3mmまでのほくろやイボ取りに有効な治療法で、メスを使った治療法に比べると出血や傷跡が残るリスクが低いですが、レーザーの威力が強いので扱いがうまいクリニックで受けないと不具合が起こる可能性があります。
処置後には3日程度赤みが続きますが、それは徐々に回復していくものです。しかし、失敗してしまうと赤みが消えずに真っ赤になってしまうことがあります。
顔のほくろ除去などでは、マスクをつけないと歩けない状態になってしまうこともあります。また、粉をふいたような状態になったり、肌にざらつきが出ることもあります。ひどい赤みだと、1年以上も残ってしまうことがあります。
これらは炭酸ガスレーザーで直接皮膚を削ることや、高出力のレーザーで皮膚の内側から深く削ることで起こるデメリットです。
炭酸ガスレーザーを受けるのはデメリットを理解してからにしてください

副作用で生じる肌の凹み、色素沈着によるシミ

他にも炭酸ガスレーザーによるデメリットはあります。
重大なリスクとして理解しておかなければならないのが、副作用で生じる肌の凹み、色素沈着によるシミ、です。
炭酸ガスレーザーは高出力であるため、皮膚を深く削ることができます。これによってほくろの除去も可能なわけですが、いっぽうで深くまで皮膚を傷つけてしまい、皮膚の再生までに長い時間が必要になってしまうこともあります。人によっては再生そのものが難しくなってしまうこともあります。これにより、長い間肌に凹みができてしまうことがあります。
色素沈着によるシミは、にきび跡を治療しようとしたらかえって、茶色いシミや水疱の跡のようになってしまった、というケースで生じる可能性があります。
これらのデメリットを理解して、炭酸ガスレーザーを受けるかどうか決める必要があります。
クリニックによっては絶対に失敗しないと謳っているところもありますが、本当かどうかは美容医療の相談所などで情報を集めてから判断したほうが良いです。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。