フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

ブローリフトの失敗で考えられること

ブローリフトはフェイスリフトの一種で、眉毛の上部のたるみができた皮膚を切除することで、眉毛の位置を引き上げて、まぶたを上げて上まぶたや額のしわを解消させます。

加齢によって眉毛が下がってしまったり、眉毛の外側が下がってハの字になってしまっている人や、額の横じわが気になる人に向いていて、成功すれば加齢により下がった眉毛を持ち上げて、若々しい印象に改善させることができます。

しかし、ブローリフトは内視鏡を使うこともあるほどの微調整が重要な手術です。皮膚を切除してしまうので、失敗してしまうと修正が非常に大変になります。

また、眉毛の位置が左右でちぐはぐになってしまうなど、左右差ができてしまうこともあります。また、眉毛を引き上げることで目と眉毛の間の距離が開くので、顔の堀りがなくなりすぎて、間延びしたような顔つきになってしまうこともあります。左右の眉毛のバランスが重要になるので、デザイン力のあるクリニック選びが重要です。

ブローリフトの失敗で考えられること

ブローリフトは切開を伴う手術・失敗例も

ブローリフトに失敗してしまうと、眉毛の位置に左右差ができたり、顔の印象が間延びしたようになるほか、切開したラインに眉毛が生えてこなくなってしまうこともあります。女性であればメイクで隠すこともできますが、男性の場合はそれも難しいです。

また、執刀医の腕によっては傷跡が目立ってしまうこともあります。ブローリフトは切開を伴う手術なので、衛生管理が適当なクリニックだと感染症を引き起こしてしまう可能性もあります。アフターケアが適当な場合にも感染症のリスクが高くなります。

通常であれば治療後には適切なケア方法を教えてもらえるものですが、治療が終わればあとは終わりというクリニックもあるので、選ぶ時には注意する必要があります。

適当な心構えで手術を行っているクリニックを選んでしまわないためにも、手術を受ける前に美容医療の相談機関などで適切な手術方法と、ちゃんとした技術力を備えているクリニックの情報を教えてもらいましょう。

ブローリフトの失敗

ブローリフトで失敗して、「傷跡が目立つ」状態に

傷跡が目立つというリスクがあります。

ブローリフトの美容整形で傷跡が目立つというリスクがあるのは、実は担当医による未熟さなども関わってきます。髪の毛の中の皮膚を切って行う治療ではないため、切開は眉毛のちょうど上あたりで行います。そのため近距離であればわかるとしても、通常の仕事や生活での、ある程度の距離であれば、そんなに目立つことはないものです。傷跡は必ず残りますが、毎日するメイクで上手に隠すことができるので、メイクを張り切ることです。

効果が無い・たるみが取れないのはなぜか

ブローリフトはまぶたなどのたるみ解消に効果を発揮する美容整形法ですが、効果が無い・たるみが取れないというのであれば、それはなぜかを気にするでしょう。たるみをとるため、切開をして引き上げが甘かった事も考えられますし、額や頭皮などがもっと深刻なたるみの悩みを抱えていて、パーツ的な切開では利用法としては、不十分な整形であったことも考えられます。状態に対して適切な処置であれば、たるみはスッキリとします。

腫れと内出血が強く出ること

ブローリフトは顔の皮膚を切りますので、腫れと内出血が強く出る期間があります。施術後に感じる強い腫れなどの症状には、個人差はありますがおよそ、1週間ほどの期間は腫れたり、内出血を伴うことになります。眉毛の上あたりを切るといっても、やはり隠せない部分が腫れたり、内出血を起こしますので、強いダウンタイムが出る間は、1週間程の会社のお休みが取れるようなときに、整形手術はしたほうが良いでしょう。

まぶたの悩みにはおすすめの整形

ブローリフトは重く見られがちなまぶたの解消には、とてもおすすめな美容整形術です。歳を重ねていくことで、人間は誰しも頭皮も皮膚も下がりますし、眉毛の位置も下がってきてしまいます。それはまぶたまでもたるみが出て、重い目もとに変わってしまいますし、老人のような目元に変わります。しかし皮膚を切って引き上げてしまうことで、まぶたはキュッと引き上がって、眉毛野市も上がり、目元が若返りを果たします。

当相談所では効果を最大化できる名医をご紹介致しております。お気軽にお問い合わせ下さい。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。