フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

ACR療法のリスクを知る

ACR療法をすることによって、若返りを目指したりすることができますが、必ずしも手術が成功するとは限りません。ですから、リスクがあるということを知った上で、ACR療法を行うということが大事になってきます。

そこで、どのようなリスクがあるのかというと、まず、感染のリスクを挙げることができます。これは、ACR療法に限ったことではありませんが、注意しておきたい点です。一度感染症を引き起こしてしまうと、治療が必要になってきてしまい、若返りどころではなくなってしまいます。このような感染を防ぐためには、衛生管理がしっかりと整っているクリニックで手術を受けるということが大事になってきます。

また、衛生面だけではなく、医師の質が高いという点も見逃せない点となってきます。クリニックといっても様々なクリニックがあり、衛生管理が雑であったり、手術が雑であるというようなこともあります。事前に自分が行こうとしているクリニックの情報を収集して、後になって後悔の内容にしていくということが大事になってきます。

ACR療法のリスクを知る

リスクのまとめ

ACR療法を行うことのリスクの代表的なものとして、しこりができたり、膨らみ過ぎるといったリスクがあるので、事前に知っておく必要があります。ACR療法を行った後にしこりができるケースとしては、定着率が悪かった時に見られる症状です。

もし、しこりができてしまった場合は、ステロイドなどの注射をして、修正する必要があります。このようなリスクを防ぐためには、ACR療法やヒアルロン酸などによるプチ整形を行っている専門性の高い医師の下で手術を受けるということが大事になってきます。

他の注意点としては、通常であれば、たるみやしわが改善を目的に手術を行うわけですが、中には、たるみやしわの改善がないということもありますから、医師の技術力がある程度確認できないまま手術を受けるというのは、後になって問題が起きる可能性があるので注意が必要になってきます。事前にしっかりと治療内容を説明してくれるクリニックを選んでおけば、安心して治療を受けることができます。

一つずつ解説していきましょう。

PRP療法の失敗、しこり・膨らみ過ぎるってどういうこと?

しこりができたり、膨らみ過ぎるといった失敗があります。

PRP療法とは、自分の血小板を利用した、肌のエイジングケアの手術のことです。
自分の血液から、高濃度の血小板を採取して、それを老化した皮膚へと注入します。
自分の血液から採取したものなので、アレルギー反応などが無いのが魅力です。

しかし、注入位置や注入量が適していなかった場合には、しこり・膨らみ過ぎるなどの、仕上がりの不満へと繋がります。
事前のカウンセリングで理想的な仕上がりをきちんと伝えておきましょう。

定着しない・吸収される

PRP療法のリスクとしては、定着しない・吸収されるというものがあります。
これは自分の血液から抽出した血小板を利用していることから、体内に入れた時になじみやすく、吸収されやすいということが原因です。
元々、効果がゆっくりと現れて、最長でも3年程度で効果が減退してしまう手術です。
継続的な効果を求める場合には、他の手術方法の方が適している場合もあるので、医師に相談したうえで手術方法を決定しましょう。

持続期間が短いというリスク

PRP療法では、体内への吸収率も良いことから、手術後の持続期間が短いというリスクがあります。
自分の血液から採取した血小板なので、アレルギー反応や拒否反応が起こりにくいので、体への負担は少ないというメリットはありますが、その分吸収率も良いので、長くても3年程度で効果が薄れてきてしまいます。
その後については、再度同じ手術を行うか、他の手術に切り替えるかは医師と相談したほうが良いでしょう。

ACR療法のリスク

最新技術を行える名医

PRP療法とは、新しく登場したエイジングケアのための治療法です。
そのため、この手術を行うためには、正しい知識と最新の機器が必要となってきます。
名医であれば、最新の知識を豊富に持ち合わせているので、正しい判断のもと手術を行うことができます。
各部位に対しての専門知識を持っている医師もいるので、手術の無いように合わせて、名医を探して手術を依頼することが、最も効果的な方法だともいえます。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。