フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

3Dリフトの修正が必要な症例とは?

3Dリフトは、美容整形術のひとつでフェイスリフトアップの一種になります。3Dリフトの安いところは、1本40,000円ほどの料金で実施しているところがあります。

フェイスリフトアップをすることで顔のたるみやしわを改善するもので、しわやたるみを改善することで年齢を若く見せることができます。

リフトアップする方法はいくつかありますが、3Dリフトの仕組みとしては、両端に円錐形のコーンを取り付けられた体内に吸収される糸を用いて、皮膚を引張り上げるというものです。

従来の美容整形におけるリフトアップでは皮膚を切除して縫合するといった方法がありますが、この場合にはダウンタイムに時間が掛かる上に切開を伴うため縫合跡が大きく残るケースがあります。

一方で3Dリフトでは、糸を皮膚の下に挿入するだけなので切開を伴わないためダウンタイムも短めで傷跡も小さいといったメリットがあります。

切らない整形術であるためプチ整形の一種になりますが、費用相場は40万円から60万円とかなり高めで、また修正することが難しい種類の美容整形術であるため医師には高いスキルが求められます。

3Dリフトの修正

修正が必要な症例ケース

3Dリフトのメリットは切開を伴わないということですが、一方で複数の糸を皮膚の下に挿入することで立体的に引張るといったものになります。

このため引き上げる量は限定されますし、たるみ量が多い場合にはそれほど効果を得ることができません。

このため医師によっては他のフェイスリフトアップを薦めるケースもあります。

また3Dリフトでも失敗のリスクがあります。特に問題となるのが皮膚のデコボコです。

また挿入する場所が悪ければ引き連れを起こして不自然な状態になるケースがあります。

また異物を挿入しているため炎症のリスクもゼロではありません。

ただ炎症を除けば、1年程度で糸は体内に吸収されるため修正手術を行うといったケースはほとんどありませんし炎症を引き起こしても薬での対応が一般的です。

再手術が難しい事例

切らない方法でも失敗すると修正が難しく、糸を取り出す必要性が出てきてしまったときには、切開する必要があって傷が大きく残る可能性があります。

顔を立体的にとらえて仕上がりを予想しながら、患者の希望するデザインに整えていく必要があって、技術が必要な方法になります。

また修正が可能なのは糸が取り出し可能な状態であり、ある程度の時間が経過した場合には糸が体内に吸収されはじめているため取り出すことは困難といえます。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。