フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

1dayリフトに失敗してしまうとどうなる?

失敗例について

頬がたるむと、老けて見られてしまいますが、エイジングケア化粧品を使っても、なかなか若い頃のように引き締まらないので、お近くの美容外科で相談し、1dayリフトの施術を受けることをおすすめします。

1dayリフトは、頬のたるみに効果が高いといわれるプラチナ・プリンセスリフトと、あごのたるみの改善に効果のある、エンジェルリフトという、糸による若返り施術を組み合わせたものになります。

軽く切開を行い、皮膚をリフトアップさせて、頬とあごのたるみを解消できるので人気があります。
技術的にもそれほど難しくないので、名医を選んで施術を受ければ、失敗することがありませんし、わずか30分ほどで済むので、誰でも手軽に受けられます。

局所麻酔をしてから行うので痛みの心配もなく、体への負担も非常に軽いため、入院や通院の必要もなく、日帰りで出来ますし、腫れや痛みも2日~1週間程度で治まります。

ただし失敗すると、ダウンタイムが長引くので、美容外科選びには時間をかけてください。

1dayリフトに失敗してしまうとどうなる?

たるみがそのままで、ほとんど効果を実感できない

1dayリフトに失敗してしまうとどうなるのか、気になる方もあるでしょうが、まれに施術を受けたにもかかわらず、たるみがそのままで、ほとんど効果を実感できないことがあります。

本来は効果があらわれるはずなのですが、医師の技術が未熟だと、引き上げが弱くてたるみが解消されなかったり、逆に引き上げ過ぎたため、引きつったような表情になることもあるといわれています。

引き上げればよいというものではなく、逆に不自然な印象になることがあるので、満足いく結果を得たいなら、センスを持った名医に任せることが大切です。

1dayリフトで気に入らない仕上がりになった場合は、再度施術を受ける必要がありますが、それにはお金がかかるので、最初から名医のいる美容外科を選ぶようにしたいですね。

またアフターケアが悪いところに行くと、問い合わせにも応じてもらえなかったり、返金に応じてもらえないこともあるので、出来るだけ口コミの評判を調べてから、どこに任せるかを決めるようにしましょう。

1dayリフトに失敗してひきつれ・笑顔が不自然って一体どういう状態?

施術に失敗するとひきつれ・笑顔が不自然に。

1dayリフトの失敗例は多く報告されており、「リフトアップの効果がない」だけであればまだ良い方で、「ひきつれ・笑顔が不自然になった」など表情が大きく変わってしまったという例もあります。
これらの問題が起こる原因は、皮膚の表面を糸で引っ張り上げる方法で施術するので根本的な治療にならないということと、簡単な手術なので技術力の低い若いドクターが行っていることが多いということが挙げられます。

1dayリフトは効果が持続しないフェイスリフト

1dayリフトはミニ切開をしてから糸で皮膚を引き上げるフェイスリフトの手法であり、SMASほど難しくなく比較的簡単な手術だと言われています。
切開部分が小さく傷跡が残りにくいというメリットがありますが、効果が持続しないというデメリットがあります。効果がある期間は半年程度です。さらに1dayというのは1日で回復するという意味ですが、実際は術後回復までは1週間程度かかるとされています。

糸が透けて見える可能性も

SMASのように深い部分の施術ではなく、皮膚の表面を一時的に糸で引っ張ってたるみを伸ばす施術なので、手術後に糸が透けて見えるという失敗例もあります。化粧で隠すことができる程度ではありますが、毎回しっかりメイクでいないといけないのは手間です。
アフターケアが悪いところは返金に応じない、その後の通院を断られるといったところもあるようなので病院はアフターケアがしっかりしているところを選ぶ必要がありそうです。

1dayリフトの失敗

名医を探す際のポイント

1dayリフトは比較的簡単な手術で若い医師が担当することがほとんどです。フェイスリフトに精通した美容外科で名医がいるところであってもその名医が担当してくれるということはまず少ないでしょう。若い医師でもこれまでの経歴や技術の高い学会研究にどれほど参加しているかなどで腕の良い医師を見極める方法はあります。カウンセリング前に、美容外科・クリニックの評判、担当医師の経歴をヒアリングしておきましょう。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。